更新 2019年1月15日
 
※ このHPで使用している写真・記事の無断転用はご遠慮ください



 

 人形劇フェスティバルさっぽろ冬の祭典。
 「子どものための冬の楽しみが少ないので、人形劇を」 と、はじまり37年。
この冬も、たくさんのぬくもりをお届けします。
  
 今回は「ぜひまた」との声を多くいただいている『セロ弾きのゴーシュ』を、お贈りします。
1997年の初演以来、冬の祭典では最多の6度目になります。
 
 いつも怒られてばかりの「へたくそ」なゴーシュが、努力を重ねて演奏家として人として成長していく物語。
宮沢賢治の作品で、明るい希望を感じられるおはなしですが、今回はその対極と言えるかもしれない
『よだかの星』を劇中劇として脚色して上演します。
これは初演・再演時の吉田清治さんによる脚本を基にしており、原点に戻ることにしました。
演出をお願いした吉田氏の愛弟子・高平和子さんの「いま、この時代だからこそ」との気持ちが籠っています。
 
 音楽は、初演からすべての舞台を生演奏で応援してくださっている、チェリスト土田英順さん。
前回もご参加いただいた小林佳奈さんに加え、手島慶子さん、長崎亜希子さん、という心強い演奏家のみな
さんにお願いしています。(生演奏者も最多記録です)
 
 寒さ厳しい札幌の冬。ひととき、あたたかな気持ちでお過ごしいただけますように…
 
 
 なお今回の公演は、やまびこ座が改修工事で閉館中のため、教育文化会館のみでの上演となります。
お間違えのないよう、お願いいたします。
 

【 公演日程 】       
 2019年 2月16日   (土) ・11時~ ・14時~
 17日   (日) ・11時~ ・14時~ 
        
【 会場 】   札幌市教育文化会館小ホール
     (札幌市中央区北1条西13丁目 / 地下鉄東西線西11丁目駅下車1番出口5分)
        
 【 料金 】 4歳以上1席 (原則として乳児のご入場はご遠慮いただいています)
  前売 1,500円   
  当日 1,800円  
  ペア券 2,500円 (電話・ネット予約のみ) 
  団体割引  1,200円 (10名以上・電話ネットでご連絡ください) 
  教文ホールメイト 1,200円
         (※さぽーとさっぽろの割引もご利用いただけます)
        
 【 チケット取り扱い 】     
  教文・大丸・道新各プレイガイド 
  ローソンチケット(L-12171) 
  こぐま座窓口
          
【 お問い合わせ・チケット予約 】 
 電話 : 011-753-2858
 メール : zxb05236@nifty.com 
         
【 人形劇フェスティバルさっぽろ冬の祭典のあゆみ 】 
  これまでの上演作品を紹介しています。 
  こちら をごらんください  クリック
      
 
 
 【 主催 】 札幌人形劇協議会 
        
 【 共催 】 札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)
  (公財)さっぽろ青少年女性活動協会
 
   
   
 【 公演舞台スタッフ 】     
照   明  : 鈴木 静悟  
音響効果  : オフィスこたけ  
舞台監督  : 松本 直人
       
 

☆ キャスト・スタッフ 
    
☆ 冬の祭典人形展


素材協力